HG妻の住谷杏奈が独自開発した石鹸とは?年商5億円も稼ぎだした!

一時期「フォー」で有名になった、 お笑い芸人・レイザーラモンHGこと住谷正樹(40)の妻でタレント・住谷杏奈(33)が、13日に放送された日テレ系バラエティー番組「ナイナイアンサーSP 実録どん底乗り越えた芸能人夫婦」に出演されました。


テレビ番組に引っ張りだこだった時の年収は1200万円でした。

そこから悲しいかな一発屋芸人だったためと「ハッスルツアー2009」出場中に負傷。試合後に救急車で都内の病院に搬送され、左かかとの骨折。


働けなくなったため、一気に月収7000円に転落してしまいました。

スポンサードリンク

番組によると、杏奈は「通帳を見て7000円と書いてあったときに、現実味を感じて。でもそれを主人に言ったら責任を感じてしまうから言わなかった」と一念発起。


骨折で入浴できない夫の身体を拭くためにアロマを使っていた時に言われた言葉をきっかけに、美容石鹸を開発した。


美容石鹸を開発するのに1日何十回も洗顔をしたそうです。


住谷杏奈さんが開発に携わった「トマト石鹸」「カボチャ石鹸」を発売すると、初日に6000個を完売。1000万円以上が振り込まれた。

スポンサードリンク

サイトオーナー
1日に6000個を売り上げようとすると多い時は1秒に10個とか売れるようですよ。

最高5億円の年商を稼ぎだしたようです。

サイトオーナー
年商5億円は年収は一体いくらなんだ?
大体、店舗と契約すると利益は2割以下ですね。
1割あればいいほうなので5000万ぐらいではないかと思います。

今では子供2人とセレブな生活を送っているようです。

最近では自身のブランドを立ち上げ、デリケートゾーン用の石鹸や骨盤サポーターパンツや酵素ドリンクも販売されているようですね。

スポンサードリンク

あなたにオススメの関連記事



コメントを残す

*