チヌの落とし込みで釣れるワームBEST3!奥の手を大公開!

チヌのルアー釣りと言えば、海底を底引きするのが一般的だと思われているでしょうが、落とし込みのルアーでもチヌは釣れるのです。


落とし込み釣りでチヌを釣るのが一番簡単だと僕は思っています。なぜなら、チヌは落ちてくるものに最も興味があり、つい食いついてくる習性があり、昔からあるチヌ釣りで一番実績があるのが落とし込み釣りだからです。


誰もチヌの落とし込みをルアーでやっていないので、このブログを見ているあなただけが爆釣になりかもしれません。

ぜひ挑戦していただきたいと思います?


僕がいろいろチヌ釣りのルアーの落とし込み釣りで試した中で実績のあるワームを紹介します。


チヌの落とし込みで釣れるワーム

チヌ釣るやつにつけるやつ

CC.BAITSから販売されているDVDやYOUTUBEなどで知っているかもしれませんが、武田栄さんが開発?された「Go-Phish(ゴーフィッシュ) チヌ釣るやつにつけるやつ」はよく釣れます。

 

全長は3cmほどで何かを似せて作ったわけではないようなのですが、アタリはものすごく頻繁にあります。

 

オススメの色は黒色、肌色、クリアーレッドペッパー。

 

クロウデッド シュリンプ

クロウデッド シュリンプはボディが平べったく、フッキングいつがいいのが特徴です。

 

小さく、飲み込みやすいのと、足がいっぱいついているので吐き出しにくいので、食えばほぼ取り込めます。

 

 

 

 

クロウデッド フライ

クロウデッド・フライの特徴は先端にビビットテールがついていて、ただ巻きにも有効です。

 

ビビットテールが勝手にアクションしてくれるので、落とし込みでも食いはいいです。

 

 

スポンサードリンク

一緒に使うジグラバー

チヌクル

チヌクルの外側が樹脂に見えるのですが、実はワームになっていて、中側にはオモリが入っています。

 

オモリは平たくはなっていなく、波形状になっていて、ボトムを感じやすい作りになっているのが特徴です。

 

ウェイトは3.5g、5g、7gあります。

オススメからはロックブラウンもしくはブラックです。

 

 

根魚ボンボンチヌ

よく店頭で見かける根魚ボンボン チヌです。

 

オモリを樹脂でコーティングされていて浮力があり、いろいろがウェイトが用意されていて、落とし込むスピードが変えれるのが特徴です。

 

もっと浮力のあるふわっと君 もあります。

 

スポンサードリンク

奥の手とは

ただ、ワームを使って落とし込んで終わりではありません。

リールから竿の長さ分のラインを出して、ワームを落とし込んでいき、余ったラインが無くなったら、リールからもラインを出しながら、着底させます。

 

この時の落とし込み方は防波堤の壁ぎわギリギリで10cm以上離すと明確にアタリがでなくなります。落とすスピードも実際にイガイの落ちるスピードよりも早いほうが実績が良かったです。

 

しかし、ゆっくり落としたほうがいい場合もあり、その日のパターンを探っていくしかないですね。

 

ワームを着底させた後、一度竿を30cmほど持ち上げ、きいてみてください。このときにアタリが来る場合があります。きいてアタリがなければ再度着底させ、竿先から竿尻まで海底をズル引きしてみてください。

 

これだけでもかなり多くの場所を探れるので、釣果はアップするはずです。

 

アタリはさまざまで、ゴンと来るときもあれば、グ~ンとくるときもあれば、コンとしかこない時もあります。

魚との距離も近いので、ドラグは緩めにセッティングしてけば、高切れになる心配もありません。

こんな方法もあり!

エサ釣りで使うチヌバリ2号~3号のハリに直接3Bのガン玉をつけて、ワームを本当のエサのように落とし込む、本当のワームによる落とし込み釣りになります。

 

実際にエサからワームに変えただけなので、実績がある釣法です。

 

パワークラブ

カニに似せたワームで【マルキュー】パワークラブです。

 

少し大きめなワームなのですが、問題なく食ってきます。

 

平べったいので、真下に落下がしにくいので、半分に切って使うとましたに落とし込むことだできるので釣果がアップします。


パワークラブをそのまま使う場合のテクニックとして覚えてもらいたいのが、針をつける反対側にネイルシンカーを入れ、岸側と反対側にラインを振れば、バックドラフトしてくれる。

パワークラブは平たいので、岸から離れて泳いでいってしまうのを防ぐことができる。

 

イガイル

昔から、貝に似せたワームはあり、落とし込みでも実績があったんですが、イガイルのように本物により近いのは初めてみました。

 

僕は使ったことはないのですが、楽天での口コミでも実績があり、使っている方も多いようです。

釣れそうですね。

たくさんの選択肢を持っておくことが釣果を伸ばす秘訣でもあります。

 

ジョイントキャンディー

「なんでこんな消しゴミみたいなのが釣れるの?」って思われたしょうが、最近のボートからの橋脚での落とし込み釣りではジョイントキャンディーに実績があるようです。

ワームのようにやらかいと違和感を感じ、吐き出してしまう確率が高いのですが、消しゴムだと硬いのでが噛み砕けないので、ガツガツと食ってくるようです。

 

 

すべてのワームはエサの落とし込みと違うので、ハリ先を出しておくのがフッキング率を高めるコツです。

チヌの落とし込みをワームでやっている動画です。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください