チヌの落とし込み竿に適しているのは?長さや調子は何がいい?

僕がチヌ落とし込み釣りを始めたころは周りにはおじさんしかいなかったです。


最近は多くの釣り人が落としこみ釣りをしているように感じています。


さて今回はチヌ落とし込み釣りに使用できる「チヌの落とし込み竿」「ヘチ竿」ヘチ竿に代用できる竿」について書きました。


それぞれに対応した専用の竿を使ったほうが便利ですが、工夫次第でいろいろと使えるのでよかったら参考にしていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク

チヌの落とし込み釣り竿の長さ

テトラでの落とし込み釣り

テトラでのチヌ落とし込み釣りはテトラの先端付近のテトラの穴を探っていく釣りになるので、テトラの先端より少し下がった落とし込み釣りになります。

 

なので、竿の長さが4.5m程度がベストだと思っています。もちろんもっと深い場所を狙ってもかなわないのですが、チヌは海面付近にはイガイがたくさん付着していて、そのイガイを捕食するためにテトラの先端の穴でアタリがあることが多いのです。

 

テトラでの釣りは危険が伴うので、大きなテトラでのチヌ落とし込み釣りはやめておいたほうがいいです。


なるべく小さいテトラで、きれいに並べられたテトラでチヌ落とし込みは移動がしやすく、落とし込み釣りはしやすいです。

堤防での落とし込み釣り

目印あり仕掛け

目印ありでのチヌ落とし込み釣りでは目印の仕掛けが2m程度あり、ハリスが1mほどあるのでチヌ落とし込みの目印ありの竿の長さは3mは必要です。


僕が使っている竿は3wayの3.3m-3.9m-4.5mの三段階に変更できます。メインは3.9mで、目印が2mの仕掛けを自作で作っているのでこの長さがベストで使いやすいです。


チヌ落とし込みつりのガイドにはU字ガイドが付いていて、U字ガイドのメリットは竿とガイドの距離が近いので風が吹いても、糸フケが少なく穂先に出るあたりの感度がいいです。

目印なし仕掛け

チヌのヘチ竿は3m以内の2.7m前後の竿がよく売られています。


ヘチ竿専門の竿を使ったことはないのですが、代用品で2.2mの竿を使っていますが、SICガイドの竿はラインのすべりがいいので、ガン玉とエサの重みだけでスルスルとラインが出て行き、使いやすいですね。

 

2.2mでも短いと思ったことはなく、短いというのが防波堤のヘチを狙うのには取り回しがしやすく、使い勝手がいいと感じています。


スポンサードリンク

チヌの落とし込み釣りの調子

チヌ落とし込み釣りでは障害物回りを狙うので、釣れた瞬間に障害物をかわすために先調子の竿がほとんどです。


ハエ竿などの軟調子の竿を改造して、チヌ落とし込みに使用している方もおられるようですが、はっきり言ってかなりのベテランでないとチヌの遊ばれてバラしてしまうのがオチです。


人間が100mを全力疾走した後はヘトヘトで動けなくなってしまうのと同様で、釣ったチヌをリリースするのであれば、強引にやり取りして元気なうちにチヌをリリースしてあげるほうがいいと思います。


釣ったチヌを持って帰るのであれば、釣ったすべてのチヌをすべて持って帰るのではなく、その日に食べれる分だけを持って帰るようにしています。


今後もチヌ釣りは続けて行きたいので、チヌが海からなくならないようにできるだけリリースして行きたいと思っています。

チヌの落とし込み釣り竿のガイド

チヌ落とし込み釣りにはほとんどがU字方ガイドがついているのですが、このU字ガイドはラインのすべりが悪く、リールからラインを出しても落とし込みの仕掛けが軽いので、仕掛けの全長を長くするには竿の穂先からラインを引っ張るしかできません。

 

 

最近関西でも目印を使わないヘチ釣りをされている方もおられます。ヘチ釣りの竿は3m前後と竿の長さは短く、SICガイドが付いていてラインのすべりがいいので、落とし込みの仕掛けをすべてを落としきった後でもエサとガン玉の重みでリールからラインを出せば、スルスルと出て行くのが、SICガイドの特徴です。

 

 

目印つきの落とし込み釣りでリールにラインを巻き込みすぎて、ロッドの先端を折ってしまったことがあります。


 特にチヌが釣れたときにはリールにラインをまくことに一生懸命になりがちで目印仕掛けと竿の先端の距離関係を見ないでリールを巻いてしまいがちなので、注意しましょう。
スポンサードリンク

チヌの落とし込み釣り竿のズーム機能はいる?

結論から申し上げると、チヌ落とし込み釣りのズーム機能はなくても落とし込み釣りできます。


無くてもできるのですが、ズーム機能はあったほうが便利でもあります。チヌの活性が高い夏場などは海面から2mほどでアタリがあるときはほとんどなので、竿の長さはそれほど関係ないといえます。


チヌの活性は低いときには海底を狙うのですが、ズーム機能で長い竿にセットしてやり直すときもありますが、基本的に釣り場で竿の長さを変えることは面倒なのと真剣になりすぎてズーム機能があったことを忘れる場合もあるので、短いなりに竿の長さに慣れてきて釣りはできます。


特に堤防から海面が低い場合は、竿が長い場合は竿の操作がしにくいと感じます。


よって、チヌ落とし込み釣りにはズーム機能は無くても問題ありません


チヌの落とし込み釣りのおすすめロッド

最近はチヌ落とし込みをルアーロッドですることが多いのです。


ルアーをしながら、落とし込みもするスタイルです。ルアー釣りは投げるだけの楽しさだけでなく、アクションもするのも結構楽しみながらチニングをしています。


ヘチ釣りの竿ではルアー釣りは難しいですが、ルアー竿ではヘチ釣りは簡単にできます。

 

僕が持っている竿はチヌのルアー竿のブレニアスですが、2017年2月ダイワから発売されたシルバーウルフ MX 72LB-Sが穂先も1mmと細く、食い込みがよさそうなので面白い釣りができそうですね。

 

価格も安く、色が僕が好きな赤色なので買う予定にしています。

 

 

 

まとめ

  • 落とし越しこみ釣りは難しい釣りではないので、まずは手持ちの竿で始めてみましょう。
  • ホームグランドを決め、その場所にあった竿を買いましょう。
  • マルチに使うのであれば、2.7m前後の竿がいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*