テトラでの落とし込み釣りはどうやってする?ターゲットの魚は?

テトラで落とし込み釣りとは?

堤防やテトラで釣りで一番多いのはフカセ釣りだろう。

落とし込みをしている釣り人はほどんど見ません。
ましてやテトラで落とし込み釣りや前打ちをしている人はまず見ません。

これは釣れないからではなく、釣り方を知らないのではないだろうか。テトラでの落とし込み釣りはテトラに隠れていれば、人が近寄ってきても逃げる必要もなく、エサも豊富にテトラに付着しています。

魚にとってみれば天国のような場所である。

落とし込み釣りは魚の棲家の鼻先にエサを落とし込んで食べてもらう釣りである。
落とし込み釣りで釣れない理由はないと思っています。

人がやらない釣りの方が釣れる確率は高い。
これは明らかだ。


テトラでのポイントは?

テトラでのポイントは海面付近のテトラの穴が絶好ポイントとなります。

テトラの穴に落とし込んでいく方法はテトラ側に流れてくるに波と合わせて仕掛けを押し込む感覚ですると深くまで仕掛けが入っていきます。

 

落とし込んでいくと途中で止まるところがある。これは沈むテトラのどこかにエサが乗ったからだ。ここで仕掛けを張った状態で2~3秒待ってアタリ待つ。

波に任せて、まだテトラの奥に入っていくようであれば、更にテトラの奥を探ってみよう。


アタリがが無ければ穂先を持ち上げ、少し移動をし、別のテトラの穴に仕掛けを落とし込んでいきます。


まずは、すべてのテトラの手前の穴を探っていき、アタリがないときは沖に穴の奥に落とし込めるところを探します。


先ほどと同様にアタリを数秒待ちます。無ければ仕掛けを回収して、2メートル程度横に移動する。

テトラが続くまで繰り返し、それでもアタリがなければ折り返しはテトラ1個分前に移動し、先ほどより深場に落とし込む。


それでもダメな場合は遠投をして、沈みテトラの頭や周りに落とし込んでみよう。

意外と浅いタナで食ってくることもあり油断は禁物です。


その日のアタリパターンを見つけることが重要です。

スポンサードリンク

落とし込み釣りでのオモリの大きさは?

なるべく軽い仕掛けでフワフワと落ちていくのが、ベストです。


なかなか軽い落とし込みの仕掛けを操作するのは難しいが、軽い仕掛けを使ったほうが釣果はアップする。


ようは慣れの問題である。ちなみに僕がよく使うオモリはガン玉Bが多い。


「軽い仕掛けだと、着底したのかわかりにくい!」って言われる人がいますが、そういう人ってラインが太すぎるのです。


PE0.8号を使うと明らかに感度や良くなります。僕のオススメラインはDUEL アマードPROエギングです。

かなりハリがあっていいラインですよ。

テトラでの落とし込み釣りに必要なものは?

落とし込み釣りは歩いて魚の前にエサを届ける釣りなので「体力が何より必要」と思われている人が多いのだが、私は何よりアタリがなくても落とし込みを続ける「忍耐力が必要」だと思っています。


一日中落とし込み釣りをすれば、500回以上は落とし込む計算になる。何度も何度も落とし込み誘いや聞きアワセでアタリを作り出す。これには「釣りたい」と思う執念と忍耐力が一番大事ではないかと思う。


テトラでの落とし込み釣りのターゲットは?

ターゲットはテトラに住んでいる魚がすべてターゲットになります。


列挙してみるとチヌ、ガシラ、アイナメ、ベラ、ハゼなどが釣れますよ。


ガシラのアタリは強烈で、アタリがあるとすぐに棲み家に戻ろうとするので一気に上げないと根掛かりしてしまいます。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*